お問い合わせはこちらから

コーチ

比較的新しいファッションブランドの1つに、コーチがあります。コーチのバッグといえば、女性なら多くの方が1つは手にしたことがあるでしょうし、ファッションブランドとして高い評価も得ています。
そんなファッションブランドであるコーチの魅力は、いくつもあるとは思いますが、一口で言うなら親しみやすい高級ファッションブランドとでもいえることでしょうか。「おしゃれなのに使いやすい」とか、「ファッションブランドとしてはそれほど高くないけれど、ファッションブランドの価値は持っている」、「品質に信頼が置ける」ということがコーチの魅力です。
また、パーティードレスなどドレスコードが必要な場面にも、合わせやすくコーディネートができるのも魅力でしょう。
もともとコーチは、1941年ニューヨークはマンハッタンで誕生しました。当初からファッションブランドとして始まったわけではなく、最初はマイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻が小さな家族経営の皮革工房でした。当時からアメリカでは人気の高かったスポーツの1つとなっていた野球を見て、そこで使用されているグローブの皮に注目したマイルス夫妻は、その皮を使ってバッグを作ってみました。これが、今では巨大なファッションブランドとなったコーチの始まりです。1960年代後半に出来たそのバッグ第1号は、手にしっくりと馴染む上に丈夫で、革本来の美しさを持っているという非常に完成度の高いものでした。とはいえ、非常にファッションセンスに富んだバッグを製作したというよりも、お客様のメインターゲットは比較的年齢層の高めな男性であったコーチは、大き目の旅行かばんという非常に実用的で男性が好みそうなバッグでした。しかし、一つ一つを手作業で丁寧に作られている上、化学薬品を使用していない天然皮革は耐久性や機能性に優れていたので、たちまちのうちに人気となりました。そして1962年にデザイナーとしてボニー・カシンを迎えたことにより、コーチはファッションブランドへと大きく変わっていきます。そして1985年にサラ・リー社に買収された後は、それは、バッグやお財布などの革製品の作成をしていたメーカーから、バッグから靴、アクセサリー、女性の洋服などを扱う総合ファッション企業へと変更されたものでした。特に1996年にリード・クラッコフ氏を迎え入れてからは、ファッション性やファッション面が強化されていきました。1998年には高品質レザーに代わる新素材を開発し、また時計の販売も取り扱い始めます。そしてアジア圏域にも積極的に店舗展開を図り、日本では1988年9月には横浜三越店と日本橋三越店をオープンさせました。



そんなコーチの中でも、やはり根強い人気があるのはファッションブランド化する前からあったバッグ類やお財布類といった、皮革製品です。特にシグニチャーラインと呼ばれるデザインのコレクションは、日本を中心に人気の高い商品となっています。多くの人が目にするとコーチだとわかるそのマークは、コーチのブランドロゴをプリントしたもので、2001年に発表されました。シグニチャーラインのお財布は、バッグと共に非常に人気が高く、デザインもおしゃれだと評判も良いです。しかし、コーチがファッションブランドとなってからずっとコーチが好きだというコーチファンにとっては、シグニチャーラインに対する思いは複雑で、グッチやルイヴィトンを真似して安易にブランドロゴを作成したということで、あまり評判がよくありませんでした。ただ一方ではこのロゴはファッションセンスとしては非常にモダンで優雅さを感じさせるデザインになっているということでということで人気が上がり、コーチというファッションブランドの知名度を大きく上げたという事実は否めませんでした。このシグニチャーラインはバッグやお財布をはじめとした様々なアイテムにも用いられ、カラーも多様に用いられたりして、さらにかわいらしさを追求されていることでファッションセンスを高めていっています。

現在コーチでは、バッグやお財布、洋服の他にも、アクセサリーやジュエリー、シューズ、メンズの商品も扱っています。どれもファッションセンスの高さが買われ、急速な勢いで発展していっている企業ですので、今後の動きに目が放せません。

recommend

2016/3/30 更新